化粧品の製造・輸入販売

hSCM ヒト由来幹細胞培養液マスクパック

幹細胞とは

人間に限らず動植物も全て細胞の塊とも言えますが、体内の中で細胞を成長させ分裂増殖し、個別の役割を担当する細胞であり、または分化可能な細胞の事を幹細胞と言います。

幹細胞培養液とは

幹細胞化粧品というと細胞そのものが化粧品の中に入っていると思う方も多く存在します。

その方々のために幹細胞培養液とは何か簡単に説明します。

採取した幹細胞を試験管内で特定の培養条件を与えると試験管内の細胞は体内と同様に分裂増殖をするためにタンパク質成長因子及びサイトカインを分泌します。この分泌液は様々な成分で構成されていますが、例えば肌再生に必要なEGF、FGF、bFGF、KGFなど様々な成分を持っています。この分泌液のことを“幹細胞培養液”と言い、化粧品などの製品に幹細胞そのものを使う訳ではないのです。

幹細胞の種類

植物由来のもの 抗酸化作用や、保湿効果はありますが、細胞を再生・活性化させる成分は植物には含まれてないため、高いエイジング効果は期待できません。
動物由来のもの 馬、豚、羊などの動物の毛根やプラセンタから抽出される培養液を使用。
人間の細胞に近い成分で馴染みは良いのですが、動物性ウィルスや飼育過程での衛生など安全性の問題が問われる。
ヒト由来のもの 肌を活性化させるために必要な成分のタンパク質が含まれていて、リガンドとなる情報伝達物質である「サイトカイン」が含まれています。「サイトカイン」が肌に直接働きかけ、細胞を活性化させます。また動物由来のウィルスの安全性を心配する必要もなく、安心して使用できます。

当社独自技術成分

hSCM

ヒト臍帯間葉系幹細胞培養液

一般的に「ヒト由来幹細胞」というのは成体幹細胞であり人の脂肪から抽出するものがほとんどです。当社の製品は独自技術(世界特許保有技術)で作られた臍帯間葉形幹細胞培養液を使っています。臍帯とは母体と胎児をつなぐ帯のことです。臍帯は人体を構成させる能力を持った様々な細胞でできています。そのため他の幹細胞に比べて優れた増殖・分裂能力を持ち肌再生の鍵となる成長因子も豊富に含まれています。

幹細胞について

幹細胞はもともと失われた人体の機能を復旧させるという再生医学の目的で使われ始めました。
幹細胞が美容分野まで広まることになったのは人間の肌も同じく自己回復力を高めれば「リターン・ザ・タイム」、若返ることができるからです。


日本の再生美容の分野では、肌老化の根本的な原因の細胞の衰えを改善し、美肌を再生しようという療法がすでに専門クリニックや皮膚科などで広まりつつあります。

肌再生に使われる幹細胞培養液には500種類以上のタンパク質が豊富に含まれていて、肌本来の正常な機能に赤信号がついた細胞に直接働きかけ、老化を抑える組織を再生するだけではなく、例えば、頭髪の育毛効果、美白など様々な効果を促進する高機能を持っています。

当社のhSCMは人間の臍(へその)の幹細胞を培養した液体を使用しています。

ヒト由来幹細胞は色々な幹細胞が実際使われていますが、当社のhSCMは臍帯幹細胞ならではの成長因子含有量の豊富さでお肌の再生を促します。

またhSCM成分の浸透を促すために化粧品の過半数以上の割合を示す水に当社独自水であるエネルギーウォーター(ICID登載した当社独自水)を使用しています。

掲載のラインアップは一部です。
当社の特殊成分を使った様々な商品展開しています。
商品企画開発やOEM販売など、お気軽にご相談くださいお問い合わせ

マスクパックのラインアップ

  • リジェネレーション

hSCM ヒト由来幹細胞培養液マスクパック詳細